INTERVIEW

50人に聞く「ゲーム=人生そのものを楽しむ心」とは

濱田英明

濱田英明

写真家

Q これまでの人生で最も粘り強く頑張った(もしくは現在進行形で頑張っている)ことは?

写真の仕事をはじめて4年と少し経ち、週5日間は東京で撮影していますが、大阪在住をつづけています。それでも「大阪から来てます」と言うといまだに目を丸くして驚かれます。いかにこの業界が東京に一極集中しているかがわかります。ただ、東京に住んでこの仕事をすることだけが当たり前ではないと思います。むしろいまはさらに遠くの故郷に引っ越すつもりでいるくらいです。どこに住むかよりも自分がいまどこにいるかが大切なのだから、どこへだって行くし、どこにいてもいいと思うのです。

Q日々の暮らしや仕事など、人生を楽しむ秘訣

決めないこと、です。よく「地図を持たない生き方」みたいな例え方をするのですが、例えば、街をぶらぶら歩いていてパッと目に入った知らない道にふらっと入ってみようと思う気持ちに似ています。いつもとは違う知らない道に入ったら偶然とても素敵な本屋さんを見つけた、というような。そのときの喜びは、誰かに評判を教えてもらったり、迷わないように入念に道順を調べてから行く、のとはまったく違う結果になると思います。自分で見つけたい、気付きたい、そういう気持ちが強いのだと思います。あらかじめ何もかもを決めてそれに沿って行動するよりも、その時々で自分の経験によって得た直感を信じれば、もし失敗することがあっても後悔することはないのかなと思うし、だいたいのことはうまくいく気がしています。

プロフィール

1977年、兵庫県淡路島生まれ。大阪在住。2012年9月、35歳でデザイナーからフォトグラファーに転身。2012年12月、写真集『Haru and Mina』を台湾で出版。『KINFOLK』(アメリカ)、『 FRAME』(オランダ)『THEBIGISSUETAIWAN』(台湾)などの海外雑誌ほか、国内でも雑誌、広告など幅広く活動中。2014年10月写真集『ハルとミナ』、 2016年7月『ひろがるうみ海遊館のほん』、 2017年3月『ONE DAY』を出版。
http://hideakihamada.com/

OTHER INTERVIEW