INTERVIEW

50人に聞く「ゲーム=人生そのものを楽しむ心」とは

南阿沙美

南阿沙美

写真家

Q これまでの人生で最も粘り強く頑張った(もしくは現在進行形で頑張っている)ことは?

ねばり癖があるのかあきらめが悪いのか、だめかもしれないとか何だかわからない、そのぎりぎり手前の面白さをいつも身を以て感じています。
気になる角は曲がりたいし、開けてみたいドアは考える前にノブをひねる。考えるとなぜがノブが硬くなります。ひねった後に考えることの方が自分の想像をひょいと越えてくれるんです。

Q日々の暮らしや仕事など、人生を楽しむ秘訣

悲劇も喜劇もけっこう似ているように思うんです。劇はエンドがあるけど自分達の本当の日々はまだ続く。それってとっても残酷であり希望でもある。どうしても悲しい事はどうせ思い出しちゃうんだから一旦忘れてしまえと思う。それよりも可笑しい景色や美しい出来事を見逃すことのないようにすれば喜劇に思えてくる。それを色んな人と交換しながら暮らしたいです。

プロフィール

札幌生まれ。2014年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。
代表作は「MATSUOKA!」「親子写真入門」「sheHerHers」。2016年には写真と短歌の個展「オートマチック乙女ちゃん」開催。高級感のあるファニーな写真と評され、ミュージシャンの撮影や雑誌等でもお仕事中。
http://www.minamiasami.com

OTHER INTERVIEW