INTERVIEW

50人に聞く「ゲーム=人生そのものを楽しむ心」とは

中島ノブユキ

中島ノブユキ

音楽家

Q これまでの人生で最も粘り強く頑張った(もしくは現在進行形で頑張っている)ことは?

ここ最近、体の老いを感じることしきりですので少しでも体力作りをしなければと山登り用のシューズを買ったりウォーキング用のシューズを買ったりしているのですが、それらを実際に生かすことが出来ておらず、現在それらを有効利用すべく家でゴロゴロしているときなどに手頃なハイキングコースなどを粘り強く検索中です。

Q日々の暮らしや仕事など、人生を楽しむ秘訣

笑う笑わせる、ということは日々にとって大変重要なのでは無いかと思います。映画やドラマの音楽を作っているときなど、なかなか大変なこともありますが、例えば合戦のシーンなど部屋で箒を振り回しながらイメージを作っているときなど家人に笑われることもありますがそんなことをしながらふと良いアイデアを思いつくことがあります。「笑う門には福来たる」というのは先人の大いなる教えであるかと思います。

プロフィール

各地でピアノソロや室内楽編成で公演を行う。ソロアルバム『メランコリア』『散りゆく花』等発表。大河ドラマ「八重の桜」やドラマ「神様のボート」、映画「人間失格」「悼む人」の音楽を担当。近年はジェーン・バーキン ワールドツアー「Via Japan」及び「GAINSBOURG SYMPHONIQUE」に音楽監督(編曲/ピアニスト)として参加。またオーケストラ編曲を担当したジェーン・バーキン最新アルバム「BIRKIN / GAINSBOURG - Le Symphonique」が2017年3月 世界発売。

OTHER INTERVIEW