SDGsへの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、 地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

>>外務省ホームページ




株式会社クイーポの取り組み

株式会社クイーポでは、CSV(Creating Shared Value:共有価値の創造)の観点より1999年オリジナルブランド”genten(ゲンテン)”を立ち上げました。
大量生産、大量消費、そして大量廃棄が問題となっているファッション業界の中で、以下3つの理念の基、環境とファッションの共生にいち早く取り組みました。
・環境に配慮します
・限りある資源を大切にします
・愛着のあるモノづくりをめざします


gentenに続き、2011年には3Rに取り組むブランドとしてGLEAN&Co.,Ltd.(グリーンアンドコーリミテッド)を発表。
古紙や古布、リサイクル素材を積極的に採用しています。子供服からバッグへのリメイクなどにも取り組み、啓蒙活動の一端としております。 これらの生産では、雇用促進の観点からタイ、カンボジアに自社工場を創設。 特に女性の雇用拡大と安定に貢献しています。
genten誕生20周年の本年からは、これらの活動をSDGsの目標と達成へとつなげ、さらに活動して参ります。




gentenでの取り組み事例

●環境に配慮します

・環境負荷の少ない植物性タンニン鞣しの革を使用
・綿や麻、絹などの天然素材を使用した商品の提供
・生産資材および商品において、プラスチックやナイロンなど、石油製品の使用削減

●限りある資源を大切にします

・資材の有効活用の追及
・リユースの綿100%エコバッグ

●愛着のあるモノづくりをめざします

・流行に左右されず商品価値が増す素材とデザインの追及
・セミオーダー、ワークショップなどお客様参加型の取り組み